--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shonan0467.blog20.fc2.com/tb.php/56-d8ab94f5

10

13

コメント

”とらじろう”の稲村ケ崎レポート(第6回プラス)

DSC_0441_8.jpg
”とらじろう”の右後ろに見えるのが稲村ケ崎です。
目の前を走るのは国道134号。
夏には、車がほとんど動かなくなる渋滞がしばしば発生する道です。
この道路が通っていなかった鎌倉時代の末期、1333(元弘3)年、
鎌倉を攻める新田義貞の軍勢は稲村ケ崎の海岸側を渡ろうと考えましたが、
波打ち際は切り立った崖となっており、石が高く、道が狭小であったため
越えることができませんでした。そこで義貞は、潮がひくのを念じて剣を海に投じます。
すると、潮がひいて干潟となり進軍することができました……こんな伝説が残っています。
写真の右端が崖になっています。そちら側から撮影するのを忘れました(><)



DSC_0433_11.jpg 
近づいてみると、両側の芝生に座ったり、
寝そべったりしてくつろいでいる人の姿が見えてきました。
気持ちよさそうです。



DSC_0458_8.jpg
入ってすぐのところに3つの碑がたっています。
ひとつは「史蹟 稲村ケ崎新田義貞徒歩傳説地」の石碑、
もうひとつは、その伝説を記した「稲村崎」。
”とらじろう”の後ろに見えるのは
明治天皇御製
新田義貞
投げ入れし剣の光あらわれて
千尋の海もくがとなりぬる

と書かれた石碑です。
(千尋…きわめて深いこと くが…陸地 <「大辞泉」より>)



DSC_0450_8.jpg
石碑の前にいる”とらじろう”の見る景色です。
雲のない、よく晴れた日には正面に富士山が現れます。
今年の9月26日、この海で幻の大会として知られるサーフィン大会
「稲村サーフィンクラッシック」が24年ぶりに開かれました。
また、映画『稲村ジェーン』の舞台となった場所でもあるんです。
太陽の光を受けて海がキラキラと光っています。
昼間の景色も素敵ですが、夕景の美しさは格別です。
人気の撮影ポイントとなっています。


DSC_0463_8.jpg  
公園の中に海にむかって降りる石段があります。
とても急な階段を降りると岩棚が広がります。
サクちゃんは、ここを歩くのが楽しくて仕方がない様子。



DSC_0473_8.jpg 
さあ、公園にもどって今度は頂上にむかって階段を上ります。
なかなか雰囲気のある階段です。
トコトコ、トコトコ上ります。


DSC_0474_8.jpg 
着きました! 明るく穏やかな広場です。江の島も見えてます。
サクちゃんが最初に来た時は、
松の木や草花が生い茂っていて視界は開けていませんでした。



DSC_0494_12.jpg 
東屋から水平線も見えるようになりました。


DSC_0485_8.jpg 
”とらじろう”の後ろに見えるのは、ドイツ人細菌学者ロベルト・コッホの記念碑です。
1908(明治41)年、弟子の北里柴三郎はロベルト・コッホを鎌倉を案内しました。
記念碑の解説によると、コッホ先生は鎌倉で遊び、
富士山を望んでとても喜ばれたとのことです。
とくに霊山山の山頂からの日の出、日の入りはとても堪能されたそうです。

のちに、霊山山にある霊山園とよばれて眺望のよさで知られる公園に、
コッホの来日を記念して、北里柴三郎は記念碑を建てました。
関東大震災によって崖崩れが起り、山のかたちが変わってしまいました。
さらに地盤の脆弱化がすすみ、昭和58年に鎌倉医師会によって
記念碑は霊山山から稲村ケ崎に移設されました。



DSC_0510_8.jpg 
駐車場にもどってきました。
トンビが優雅に飛んでいます。
青い空と海を見ながらパンやおにぎりなど食べたら気持ちがいいかも、
と思う方もいらっしゃると思いますが、気をつけて!!
トンビが人間の食べ物を狙っています。
気配を消して、低空飛行でどこからともなく飛んできて、
手にもっている食べ物を一瞬にして奪っていきます(〜〜;)。


DSC_0508_8.jpg 
稲村ガ崎駐車場は1時間300円(7月、8月は400円)。
駐車代と江ノ電フリーキップがセットになった
『稲村ガ崎パーク&レールランド』のシステムがあるようです。

詳細はこちらクリックしてください
「お・も・て・な・し」の文字がなぜか目立ってます(笑)



おまけ
サクちゃんもくまじろうも入れないのですが、駐車場の横には稲村ケ崎温泉があります。
レストランの前を通って

DSC_0442_11.jpg 


奥に見える建物が稲村ケ崎温泉です。
詳細はこちら
DSC_0444_11.jpg 

とらじろうの稲村ケ崎レポートでした。



にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://shonan0467.blog20.fc2.com/tb.php/56-d8ab94f5

Information

●ランキングに参加しています      
クリックが励みになります       ありがとうございます

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

sakurako

Author:sakurako
1998年生まれの柴犬の桜子。通称・サクです。食べることとドライブが大好。家族はお父さん、お母さん、お姉ちゃん、お兄ちゃん、そして相棒の、虎のぬいぐるみ”とらじろう”です。

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。